上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
平成23年度 ㈶みずほ福祉助成財団助成金事業の申請受付を行っています。
障害児者の福祉向上を目的とした助成事業です。
詳細はみずほ福祉助成財団のホームページをご覧のうえ、直接みずほ福祉助成財団までお問い合わせ、申 込みをお願いします。

みずほ福祉助成財団ホームページ http://homepage3.nifty.com/mizuhofukushi



平成23年度 ㈶松翁会助成金事業の申請受付を行っています。
社会福祉に関する諸活動に対して援助を行い、社会福祉の向上に寄与することを目的とした助成事業です。
詳細は㈶松翁会のホームページをご覧のうえ、直接㈶松翁会までお問い合わせ、申込みをお願いします。

㈶松翁会ホームページ http://shouohkai.or.jp/



平成23年度 静岡県民間社会福祉施設運営費助成基金の申請受付を行っています。
民間社会福祉事業の円滑な運営と振興を目的とした助成事業です。
詳細は静岡県社会福祉協議会のホームページをご覧のうえ、直接静岡県社会福祉協議会までお問い合わせ、申込みをお願いします。

静岡県社会福祉協議会 http://www.shizuoka-wel.jp/
スポンサーサイト
2011.05.30 Mon l 未分類 l top ▲
東日本大震災に対する取り組み
浜松市社会福祉協議会

1.東日本大震災浜松災害ボランティア支援センターの設置
平成23年4月25日、浜松市が設置した「東日本大震災被災地・被災者支援センター」に対応して、浜松市福祉交流センター1階 ボランティアビューロー内に「東日本大震災浜松災害ボランティア支援センター」を設置。

<職員体制と業務内容>
①本会職員と民間組織の「はままつ災害ボランティアねっと(災害ボランティア経験者等)」が午前9時から午後5時まで電話や来訪者の対応をしている。
 (4/25~5/23 21日間 社協職員延べ54名、ボランティア延べ41名、計95人工)
*相談対応件数 274件(4/25~5/23)
②受付窓口1名~3名で対応  5月中は土曜・日曜・祝日も開設。
③被災地でボランティア活動を希望する方へ情報の提供
④浜松市への避難者支援に対する対応    
  ・浜松に避難されている方のネットワークの構築を推進し、今後 避難者のサロン活動等への展開を図る。
  ・浜松市被災地・被災者支援センター、浜松市民生委員児童委員協議会と連携し、避難者ニーズの把握と支援活動を促進する。
⑤被災地等への支援物資相談対応 
  ・浜松市被災地・被災者支援センターと連携し、物資ニーズの調査・支援活動の検討を行っていく。
 
2.浜松市に避難された方への取り組み
 (1)生活福祉資金「特例緊急小口資金貸付」の貸付及び相談
                         ※ 貸付申請者  5/15現在 2件

(2)その他の支援活動
   ・避難者へ不足している電化製品や棚・衣類等を調整して提供した。5/15現在 2件
   ・浜松市への避難者でもある協力者を通じ要望を聞き取り支援に結び付けた。

3.被災地に対する取り組み
(1)義援金の窓口設置(中央共同募金会)
    5/20現在 義援金 11,071,008円、災害ボランティア募金 128,122円

(2)支援物資
   ①静岡県ボランティア協会と連携し毛布の募集と取りまとめ
・浜松市内4,300枚  静岡県内外総数 22,000枚
   ②浜松市支援物資事業への協力  3月26日・27日
    ・社協職員延べ 16名、社協が募集したボランティア延べ 90名が協力
   ③静岡県社会福祉協議会と連携し鯉のぼりの募集と取りまとめ  1,355枚

(3)被災地への職員派遣
全社協・関東ブロック社協と連携し被災地支援活動を行う。
・岩手県内社協へ3月23日~5月20日まで10名の職員派遣。(継続中)
(1回7日間1~2名の派遣。派遣日数62日間・67人工)
派遣先:岩手県社協本部及び宮古市・山田町 
  [活動内容]
    ・災害ボランティアセンターの立ち上げ支援
    ・生活福祉資金「特例緊急小口資金」貸付業務

(4)大船渡市社会福祉協議会への調整業務(職員2名派遣)4/13~4/16
    岩手県社協(岩手県災害ボランティアセンター)及び大船渡市社会福祉協議会(大船渡市災害ボランティアセンター)へ訪問。「浜松災害ボランティア支援センター」設置して大船渡市支援へ動いていることを説明し、今後の活動について調整を行った。

(5)大船渡市支援ボランティア派遣事業
  ①大船渡市支援ボランティア先遣隊派遣事業(5/6~5/9 10名派遣)
     大船渡市への支援活動を進めるため職員2名とボランティア関係者8名を派遣し、ボランティア宿泊拠点の確保、ボランティア受け入れ状況を調査し調整を行った。
   ②大船渡市支援ボランティア派遣事業
     被災地へボランティアを派遣し活動を通じ被災地支援を行う。 
・5/26~5/29 一般募集し被災地ボランティア活動を実施する。(定員20名)
    ・6月以降の派遣については大船渡市災害ボランティアセンターと連絡調整しながら実施予定。(15名×4回=60名派遣予定)

(6)災害ボランティア啓発・育成活動
    被災地ボランティア活動体験者や専門家による啓発・研修事業を企画し、災害ボランティアの裾野を広げると同時に活動者の育成を図る。

(7)情報発信活動
   被災地ボランティア活動や各種支援活動の情報を集約し発信している。
    ・浜松市社協ホームページにて災害ボランティア情報等の発信
   ・はままつ災害ボランティアねっと ブログの開設  http://hvnet.hamazo.tv/
(8)その他の取組
①はままつ災害ボランティアねっとの立ち上げ
浜松市内、災害ボランティア関係者及び各種市民活動団体等を中心とする「はままつ災害ボランティアねっと」の立ち上げを支援し、ネットワークを構築している。
②ボランティア活動資金確保活動
     浜松市市民協働センターと協働して取り組んでいるボランティア活動資金に活用されるステッカーの販売促進。
2011.05.27 Fri l 未分類 l top ▲
宮古市災害派遣報告  平成23年5月18日~20日
報告者:浜北地区センター世古

宮古市での活動も3日目を迎えています。
福祉センターに寝泊りをし、静岡チームとして、早朝から夜まで活動をしていますが、自らも被災し、疲れもたまっている状況でも毎日頑張っている宮古市社協の方々、復興のために全力を尽くしているボランティアさんの様子をみていると自分たち静岡、北海道チームは短い間なので精いっぱい頑張らなければと感じています。
震災から2か月が過ぎているとはいえ、瓦礫の山になっているところや、以前は住宅密集地だった場所が流されて悲惨な状況の地区も多くあり言葉を失ってしまう場面もありました。住宅に「解体OK」と書かれている家を見たり、腐敗したものをあさりながら住み着いているカラスの軍団をみると非常に胸が痛い思いでした。
浜松からの職員派遣(静岡チーム)も長期的に続いていく中で、今自分ができることを積極的に行っていければと考えています。

宮古市の災害ボランティアセンターは福祉センターの1Fに設置され、特例貸付の部屋が2Fにあります。
特例貸付は交付以外はほとんどありません。しかし、特例貸付については、「本当にニーズがもうないのか」「周知がされていないから件数がないのか」をもう一度会議などを通じて検討する必要があると個人的には感じています。ちなみに貸付担当はVC(ボランティアセンター)に入り、手の薄い個所や、環境整備、庶務などをメインに担当しています。

少し実際の活動を紹介します。

VC受付
朝8:30過ぎから続々とボランティアさんが到着し、そろい次第オリエンテーションを行います。
ニーズ、活動受付窓口、奥には掲示板があり、内部ではボランティア活動状況を掲示して情報共有しています。

ここ数日は側溝の泥出し、倒壊した家(敷地)内からの思い出探し、支援物資の仕分け等を行っています。
建物の被害はあまり外側からではわからないですが、側溝に泥がたまり、水が流れなくなっていたため、商店街一帯の泥出しを大がかり(70名程度)で行っています。

また、宮古市の宿泊所の生活環境ですが、食生活や、シャワーを浴びること、必要なものがあればすぐにそろう環境であり、先遣隊に聞いていた通り恵まれた環境だと感じています。
北海道チームの社協の人とも一日長い時間を共にすることで、仲間意識と言うか非常に良好な関係が築けているのではないかと思っています。
睡眠対策は基本的に準備していけば問題ないと思いますが、枕を持っていけばよかったと感じました。
仕事では容量の大きいUSBをもっていくと便利だと思っています。共有のHDに写真や必要なデータがあるのでそれを入れるためです。次回行く方のご参考になればと思います。

2011.05.21 Sat l 未分類 l top ▲
公益社団法人 太陽生命厚生財団 平成23年度社会福祉助成 受付中


(助成内容)

 Ⅰ 東日本大震災に関わる助成(ボランティアグループ等が行う事業への助成)
   1件20万円~50万円

 Ⅱ 社会福祉助成事業
   ①事業助成(ボランティアグループ等が行う事業への助成)
    1件20万円~50万円

   ②研究助成
    1件30万円~70万円

 *詳細な助成内容および申込み方法は、太陽生命厚生財団のホームページをご覧ください。

  ホームページ: http://www.taiyolife-zaidan.or.jp/
2011.05.19 Thu l 未分類 l top ▲
 災害ボランティア養成講座の定員が50名になりましたので、募集を締め切りさせていただきます。ご協力ありがとうございました。本年度2回目は11月頃開催予定です。HPで情報提供しますので、よろしくお願いいたします。
2011.05.16 Mon l 未分類 l top ▲
社会福祉法人 丸紅基金
平成23年度社会福祉助成金の募集を行っています。

申込の詳細は下記、丸紅基金ホームページからお願いします。
http://www.marubeni.or.jp/
2011.05.13 Fri l 未分類 l top ▲
平成23年3月11日に発生した東日本大震災におきまして、不幸にして亡くなられた皆様に対しまして、心からご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

被災地への義援金 寄託状況
市民の皆様より寄託された義援金の状況を報告します。(平成23年4月30日現在)

(義援金分)

平成23年3月18日集計分   1,495,063円
平成23年3月25日集計分   1,436,965円
平成23年4月 1日集計分   671,913円
平成23年4月 8日集計分    828,521円
平成23年4月15日集計分    540,462円
平成23年4月22日集計分    236,821円
       合計        5,209,745円


(災害ボランティア募金分)
  
平成23年4月 1日集計分     6,362円
平成23年4月 8日集計分    28,629円
平成23年4月15日集計分     63,131円
平成23年4月22日集計分     30,000円
       合計         128,122円

※上記義援金は静岡県共同募金会を通じ中央共同募金会へ、災害ボランティア募金については中央共同募金会災害ボランティア口座に送金いたしました。

引き続き、浜松市社会福祉協議会本部をはじめ、各区地区センター、事務所、老人福祉センター等において、義援金を受付しておりますのでご協力をお願いいたします。

 受付期間
平成23年3月14日(月)~平成23年9月30日(金)まで

問合せ先
〒432-8035 浜松市中区成子町140-8
社会福祉法人浜松市社会福祉協議会
本部 総務課 
TEL 053-453-0580
FAX 053-452-9218
2011.05.11 Wed l 未分類 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。