上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
平成22年度 財団法人 松翁会 社会福祉助成金

1.主催

財団法人 松翁会

2.助成内容

社会福祉に関する民間の事業、研究
 ①事業助成
  原則として法人施設、団体であること。ただし、法人格をもたないものであっても、特に助成することにより効果が期待できる場合は対象とする。個人は除く。
 ②研究助成
  法人施設、団体または研究グループ
 <案件>
 ○社会福祉の向上を目的とした企画であること。
 ○公の援助を受けていないこと。
 ○明確な企画(目的、内容、資金使途等)であること。
 ○先駆的、開拓的事業を優先する。

3.助成金額

総額1,000万円 1件あたり80万円(上限額)

4.応募締切
平成22年7月末(消印有効)
※社協が必要な場合は、7月15日(木)までにお近くの浜松市社会福祉協議会地区センターまで提出をお願いします。

5.問い合わせ先

〒100-0004  東京都千代田区大手町1丁目5番4号 大手町フィナンシャルセンター3階
 財団法人 松翁会 事務局 助成係
 TEL:03-3201-3225

スポンサーサイト
2010.04.30 Fri l 助成金情報 l top ▲
第22回 地域福祉を支援する「わかば基金」

1.主催
 
 NHK厚生文化事業団

2.助成内容
 
 Ⅰ支援金贈呈の部
  ○地域で暮らす高齢者や障害者の日常生活を支援したり、さまざまなサービスを提供している。(在宅か施設は問わない。)
  ○障害者の社会参加や就労の場づくりを促進したり、その活動の支援にあたっている。
  ○文化・芸術活動を通して、障害や年齢をこえた交流や相互理解をはかっている。
  ○福祉情報の提供やネットワークづくりを通して、地域の福祉活動の向上につとめている。
 
 Ⅱリサイクルパソコンの部
  ○地域で暮らす高齢者や障害者へパソコン指導のサービスを提供している。(在宅か施設は問わない。)
  ○障害者の社会参加や就労の場づくりを促進したり、その活動の支援にあたっている。
  ○字幕制作や朗読活動、要約筆記など文化活動を通じて、障害や年齢をこえた交流や相互理解をはかっている。
  ○福祉情報の提供やネットワークづくりを通して、地域の福祉活動の向上につとめている。

3.助成金額

 Ⅰ 1グループにつき、上限70万円

 Ⅱ ノートパソコン1グループにつき3台

4.申込期限
 
 平成22年5月21日(金)必着【郵送のみ】
 「申請書」はホームページからダウンロードできます。
  http://www.npwo.or.jp/wakaba/

5.お問い合せ
 
 【東京本部】〒150-0041
 東京都渋谷区神南1-4-1 第七共同ビル 
 社会福祉法人 NHK厚生文化事業団
 TEL:03-3476-5955
 FAX:03-3476-5956
2010.04.27 Tue l 助成金情報 l top ▲
公益財団法人 太陽生命厚生財団 平成22年度社会福祉助成事業

1.主催

公益財団法人 太陽生命厚生財団

2.助成事業 

Ⅰ.助成事業(ボランティアグループ等が行う事業への助成)

Ⅱ.研究助成(老人保健、生活習慣病または高齢者福祉に関する研究・調査への助成)


Ⅰ.○地域福祉活動を目的とするボランティアグループおよびNPO(法人格の有無は不問)
  ○ボランティアグループ等が在宅高齢者又は在宅障害者等のために福祉活動や文化活動を行うために必要な費用または機器・機材、備品等を整備するための費用に対し助成する。
 対象費用
  ○在宅高齢者または在宅障害者の自助・自立の意欲を引き出し、または鼓舞する等その生活の支援に資する事業・費用
  ○在宅高齢者または在宅障害者の福祉に関する事業をするために必要な機器、機材備品等を整備する事業・費用

Ⅱ.○非営利の民間団体等および個人
  ○社会福祉法人、その他の法人または民間機関等が実施する老人福祉、老人医療、生活習慣病に関する研究並びに高齢者福祉に資する研究または調査に対し助成する
 研究・調査期間
  ○平成23年12月末日までに完了するもの

3.助成金額

Ⅰ.1件 20万~50万円  合計 2,000万円

Ⅱ.1件 30万~70万円  合計 300万円

4.応募締切

平成22年6月末
 郵送による必着。FAXによる送信は不可。
 
5.問い合わせ先
 
東京都中央区日本橋2-11-2 太陽生命日本橋ビル内
公益財団法人 太陽生命厚生財団 事務局 
TEL 03-3272-6268
 応募申込書・応募要項の請求
 ○ホームページからダウンロードの場合 http:/www.taiyolife-zaidan.or.jp/
 ○郵送の場合 団体名、郵便番号、住所、氏名を記載して平成22年6月18日までに事務局にご請求下さい。
2010.04.21 Wed l 助成金情報 l top ▲
社会福祉法人清水基金 平成22年度助成事業

1.主催

 社会福祉法人 清水基金

2.助成対象

 1)障害児・者福祉の増進を目的として運営されている民間社会福祉法人施設の機能整備事業。
 2)同上施設が行う、在宅福祉サービス等地域福祉活動推進のための機能整備事業
 *公費による補助や、他の助成団体等との重複申込を除く
 *原則として1法人1件(特に機器は1物1件)
 *原則として開設後1年経過した施設で、過去3年間清水基金から助成を受けていない法人
 *NPO法人は対象になりません

3.助成内容

 施設福祉及び地域福祉に必要な建物(新築、改修、増改築)・車輌・機器等
 *新体系移行に伴う事業及び自助動力が見られる法人を優先する
 *車輌は過去10年間、清水基金から車輌の助成を受けていない法人に限る
 *建物の改修。増改築は、必ず事前に相談すること(屋根塗装等の営繕工事は対象外)
  
4.選考基準
 上記助成対象。内容に該当したものであり次の項目を重点に選考委員会で審査する
 ①必要度【緊急度】②期待度③進取性④財務状況⑤清水基金から過去の助成状況

5.助成金、助成件数

 1)総額は2億2,000万円(予定)
 2)原則として1法人当たりの助成金額は50万円以上、700万円以内
 3)原則として申込法人が事業費の30%以上50%未満を負担する
 (但し、総費用が1、400万円以上の建物等高額物件については、自己負担は50%を超えてしまいます)
 4)助成件額 50件以上(概ね70件程度)

6.申込の手続き

  申込受付期間  平成22年5月1日~平成22年7月31日(必着)
  申込方法     清水基金所定の申込用紙及び添付書類を提出
  ※申込用紙の配付は4月中旬以降、返信用封筒(A4版、宛名記入、140円切手貼付)を同封の上郵送にて請求するか、直接清水基金で受け取る
  ※用意する添付書類は申込用紙に記載有
  助成決定時期  平成23年1月末

7.問い合わせ先

  社会福祉法人 清水基金
  〒103-0027 東京都区中央区日本橋3-12-2 朝日ビルヂング3階
  電話 03-3273-3503  FAX 03-3273-3505
  e-mail shimizu-kikin@muc.biglobe.ne.jp   
2010.04.20 Tue l 助成金情報 l top ▲
平成22年度 ニッセイ財団 高齢社会助成 「共に生きる地域コミュニティづくり」

1.主催
 
 財団法人 日本生命財団

2.助成対象(テーマ)

Ⅰ 実践的研究助成
  ①高齢社会における地域福祉、まちづくりを探求する実践的研究
  ②高齢者の自立・自己実現・社会参加等を探求する実践的研究
  ③認知症高齢者に関する予防からケアまでを探求する実践的研究
  
 Ⅱ 先駆的事業助成
  ①高齢社会における地域福祉、まちづくりを目指す地域を基盤とした先駆的事業
  ②高齢者の自立・自己実現・社会参加等を推進する地域社会システムづくりの先駆的事業
  ③認知症高齢者に関する予防からケアまでの総合的な先駆的事業

3.助成金額 

 Ⅰ 実践的研究助成
   1件あたり200~250万円程度

 Ⅱ 先駆的事業助成
  1団体あたり700万円以内

4.申込期限 

 Ⅰ 実践的研究助成
   平成22年6月15日(火)消印有効
 
 Ⅱ 先駆的事業助成
   平成22年5月31日(月)消印有効

5.応募要項・申請書の入手方法

 ○当財団ホームページより「募集要項」「申請書」ダウンロードする場合
 (http://www.nihonseimei-zaidan.or.jp
 ○当財団に「募集要項」「申請書」を請求の場合
  所属機関の名称・役職・氏名・郵便番号・住所をご記入し、送料140円を同封してご請求下さい。(両方の場合、送料200円になります。)
 *提出するにあたり浜松市社協の推薦者が必要な場合、5月13日(木)までにお近くの浜松市社会福祉協議会地区センターまで提出をお願いします。

6.問い合わせ先 

 〒541-0042 大阪市中央区今橋3-1-7 日生今橋ビル4階
 日本生命財団 高齢社会助成 事務局
 TEL:06-6204-4013
 FAX:06-6204-0120
2010.04.20 Tue l 助成金情報 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。