上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
募集は終了しました

1.主催:中日新聞東海本社、中日新聞社会事業団

2.対象
社会福祉のため広くボランティア活動に積極的に取り組んでいる静岡県内の団体
※但し、過去に中日ボランティア賞を受賞していないこと。
※NPO法人、学校、個人での活動は原則として対象外とする。
(特に推薦する場合は、特記事項を推薦内容に記入すること)

3.賞
1団体につき表彰状奨励金15万円を贈呈。

4.締切
申込には市社会福祉協議会の推薦が必要になるため、6月11日(木)までに、お近くの浜松市社会福祉協議会地区センターまでご提出ください。
スポンサーサイト
2009.05.29 Fri l 表彰情報 l top ▲
募集は終了しました

1.主催:毎日新聞社
なお詳細な応募要項についてはこちらから入手して、ご確認ください。

2.選考対象:地域での介護問題解決のために自発的に新しい取り組みを行っているボランティア、NPO(非営利組織)、社会福祉法人などの団体・グループ・個人を対象とします。
また、民間などと先進的、独創的協力体制で介護の新しいネットワークづくりを行っている公的機関(個人)なども対象とします。
ただし、営利を目的とした活動は対象になりません。過去に特別賞、奨励賞の受賞歴があっても可。

3.選考基準:地域での介護問題解決のために自発的に新しい取り組みを行っているボランティア、NPO(非営利組織)、社会福祉法人などの団体・グループ・個人を対象とします。
また、民間などと先進的、独創的協力体制で介護の新しいネットワークづくりを行って
いる公的機関(個人)なども対象とします。
ただし、営利を目的とした活動は対象になりません。
なお、過去に特別賞、奨励賞の受賞歴があっても可。


4.重視する選考基準:・地域事情にふさわしい活動で、地域の理解や支援が広がっている。創意や工夫を凝らし、他のグループの参考となると考えられる独創的な活動。
・グループまたは個人が自主的に行っている活動で一時的ではなく継続して行っている。

4.推薦方法:他薦を原則とします。
所定の推薦用紙に必要事項を記入のうえ推薦を受ける団体(または個人)の所在地(住所地)にある毎日新聞本支社、総・支局に提出。写真などの参考資料の添付は自由。応募書類は原則として返却しません。
推薦用紙についてはこちらから入手できます。

5.締切:2009年7月3日(金)必着
なお、浜松市社会福祉協議会による推薦を希望される場合は6月17日(水)までにお近くの浜松市社会福祉協議会各地区センターまでご提出ください。

6.賞
・「毎日介護賞」:2件 賞金各100万円
・「アフラック賞」:1件 賞金50万円
・「特別賞」:1件 賞金20万円
・「奨励賞」:2件 賞金各20万

7.推薦書の提出・お問い合わせ浜松市社会福祉協議会の推薦を必要としない場合は下記宛先まで直接ご提出ください。
〒420-0035 静岡市葵区七間町8-20
毎日新聞社 静岡支局(担当:照山様)
電話  054-(254)2671
FAX  054-(254)2675

2009.05.29 Fri l 表彰情報 l top ▲
募集は終了しました

1.主催:社会福祉法人 清水基金
なお、詳細な募集要項につきましては主催団体のホームページをご参照ください。

2.助成対象
・民間社会福祉法人(NPO法人は対象となりません)において障害児・者の処遇等に従事しており、海外の施設等において先進的な課題を持ち、意欲的に挑戦する方

Aコース
(研修期間:3カ月)実務経験3年以上で27歳~50歳未満、日常的な英会話能力及び専門知識を有し、勤務先法人代表者の推薦を得た人

Bコース
(研修期間:1カ月)実務経験1年以上で20歳~40歳未満、日常的な英会話能力を有し、勤務先法人代表者の推薦を得た方

3.研修人員及び助成金額と研修先・研修期間

Aコース(3カ月) 定員3名 1人あたり160万円以内(予定)
北米または北欧での2週間の合同研修後、研修者自身が設定するテーマによって必要な機関・施設で実施。研修国は原則3ヶ国以内とする。
研修期間:平成22年4月~7月

Bコース(1カ月) 定員3名 1人あたり80万円以内(予定)
北米または北欧での2週間の合同研修後、当該国において社会福祉現場で実習
 研修期間:平成22年4月~5月

4.申込方法
主催団体所定の申込用紙及び添付書類を提出
①海外研修申込書
②所属法人の理事長の推薦状
③履歴書
④研修テーマ(A4サイズ2枚以内)
⑤所属および勤務先施設の概要が判るパンフレット等
⑥健康診断書(保健所または病院によるもの)
上記書類のうち①~④が主催団体所定の申込用紙となります

5.所定の申込用紙の入手方法
申込用紙の配布は4月下旬以降、返信用封筒(A4版、宛名記入、140円切手貼付)を同封の上郵送にて請求するか、直接清水基金で受け取る。

6申込受付期間
平成21年5月1日~平成21年6月30日(必着)
※詳細な応募要項には選考方法や留意事項等が記載されておりますので主催団体のホームページにある詳細な応募要項を必ずご確認ください

7.問い合わせ・申込先
社会福祉法人 清水基金
〒103-0027
東京都中央区日本橋3-12-2 朝日ビルヂング3階
TEL 03-3273-3503  
FAX 03-3273-3505



2009.05.05 Tue l 助成金情報 l top ▲
募集は終了いたしました。

1.主催:社会福祉法人 清水基金
なお詳細な募集要項につきましては主催団体のホームページをご参照ください

2.対象団体
障害児・者の社会福祉施設を経営する民間社会福祉法人
※NPO法人は対象になりません

3.対象事業
・障害児・者福祉の増進を目的として運営される民間社会福祉法人施設の機能整備事業
・同上施設が行う、在宅福祉サービス等地域福祉活動推進のための機能整備事業

4.助成金額
総額:1億9,000万円(予定)1法人あたりの助成金額は50万円~700万円以内
原則として申込法人が事業費の30%~50%未満を負担する

5.助成件数:50件以上

6.申込受付期間
平成21年5月1日~平成21年7月31日(必着)

7.申込方法
主催団体所定の申込用紙および添付書類を提出
※詳細な募集要項の中には留意事項等も記載されておりますので、主催団体のホームページを確認されるようお願いいたします

8.申込用紙の請求
申込用紙の配布は4月下旬以降、返信用封筒(A4版、宛名記入、140円切手貼付)を同封の上郵送にて請求するか、直接清水基金で受け取る。

9.問い合わせ先
社会福祉法人 清水基金
    〒103-0027
    東京都中央区日本橋3-12-2 朝日ビルヂング3階
    TEL 03-3273-3503
    FAX 03-3273-3505
    e-mail shimizu-kikin@muc.biglobe.ne.jp
2009.05.05 Tue l 助成金情報 l top ▲
募集は終了しました

1.主催社会福祉法人 丸紅基金
なお、詳細な募集要項につきましては、主催団体のホームページをご参照ください
2.対象団体
わが国における社会福祉事業(福祉施設の運営、福祉活動など)を行う民間の団体が企画する事業案件で、次の条件を具備するものを対象。
・申込者(実施団体)は、原則非営利の法人であること
(ただし法人でない場合でも、3年以上の継続的な活動実績があり、組織的な活動を行っている場合は、対象とする)
・明確な目的を持ち、実施主体、内容、期間が明らかであること
・助成決定から1年以内に実施が完了する予定のものであること
・一般的な経費不足の補填でないこと
・申込案件に、国や地方公共団体の公的補助がないこと、また他の民間機関からの助成と重複しないこと

3.選考基準
・先駆的・開拓的な事業案件であって、社会福祉の充実・向上に波及効果が期待されるものを優先します。
・緊急性が高いものを優先します。
・社会福祉事業に従事する人々の環境改善・向上に役立つものを優先します。
・直近3年度以内に丸紅基金の助成を受けている団体からの申込は、優先度が低くなります。

4.助成金額
助成金総額は1億円を目処とし、50件以上(概ね70件程度)の助成を行います。
1件あたりの助成金額は原則として200万円が上限となります。(ただし、地域福祉の向上のために極めて波及効果が大きいと考えられる場合は300万円を上限として助成することがあります。)

5.応募期間
平成21年6月30日(火)(消印有効)

6.応募方法
所定の申込用紙に必要事項を記入のうえ、下記添付書類と共にご応募ください
<添付書類>
①定款(任意団体の場合は、規約などの内部規定)
②役員名簿(住所、氏名、年齢の記載があるもの)
③申込団体および申込対象施設の決算書
④対象事業案件に要する費用の根拠となる書面
⑤団体・施設の案内書
⑥本部および申込対象施設の所在地地図

7.申込用紙の入手方法
社会福祉法人 丸紅基金ホームページよりダウンロードされるかFAX、ハガキ、またはEメールにて、応募申込者の団体名、郵便番号、住所 、TEL、FAX、担当者名を記入してご請求ください。

8.その他
①申込は1団体1件に限ります。
②選考のため、必要がある場合には、所定の添付書類の他に、更に詳しい書類を提出していただき、あるいは訪問調査をさせていただくことになります。
③助成が決定したときは、所定の承諾書、その他必要書類を提出していただいた上で、助成金を銀行振込にて送金いたします。
 助成事業案件を実施した後、助成対象物件に当基金のシンボルマークを貼付し所定の「支出報告書」「完了報告書」を提出していただきます。
 また、2年後に助成事業案件のその後の状況について、「現況報告書」を提出させていただきます。

9.申込用紙の請求先と提出先
〒108-0014
東京都港区芝5-20-6 丸紅東京本社三田別館4階
    社会福祉法人 丸紅基金
TEL 03-5446-2474・2475
FAX 03-5446-2476
2009.05.05 Tue l 助成金情報 l top ▲
募集は終了しました

1.主催:財団法人太陽生命ひまわり厚生財団

2.助成対象:非営利の民間団体等および個人

3.対象事業:社会福祉法人、その他の法人または民間機関等が実施する老人保健・老人医療・生活習慣病に関する研究ならびに高齢者福祉に資する研究または調査(研究調査期間が平成22年12月末日までに完了するもの)

4.助成金額:1件あたり30万円~70万円 総額300万円

5.応募期間:平成21年6月末日(郵送による必着)

6.応募書類の入手方法
・申込書の請求は応募申込者の団体名、郵便番号、住所、TEL、FAX、担当者名を記入して平成21年6月19日(金)までにFAXまたは郵便で直接、財団あてにご請求ください。

7.申込先及び問い合わせ先応募書類請求先
東京都中央区日本橋2丁目11番2号財団法人太陽生命ひまわり厚生財団
FAX/TEL:03-3272-6268
担当者森田進(事務局次長)
2009.05.04 Mon l 助成金情報 l top ▲
募集は終了しました

1.主催:財団法人太陽生命ひまわり厚生財団
2.助成対象:
地域福祉活動を目的とするボランティアグループおよびNPO(法人格の有無は不問)

3.対象事業:
ボランティアグループがおこなう在宅高齢者または在宅障害者の福祉に関する事業
・在宅高齢者または在宅障害者の自助・自立の意欲を引き出し、または鼓舞する等その生活の支援に資する事業
・在宅高齢者または在宅障害者の家族に対し介護負担の軽減に関わる支援をする事業
・在宅高齢者または在宅障害者の福祉に関する事業をするために必要な機器、機材、備品等を整備する費用

4.助成金額:1件20万~50万 総額:2,000万円

5.募集期間:平成21年4月1日~平成21年6月末日(郵送による必着)

6.応募書類の入手方法
申込書の請求は応募申込者の団体名、郵便番号、住所、TEL、FAX、担当者名を記入して平成21年6月19日(金)までにFAXまたは郵便で直接、主催団体にご請求ください。

7.申込先及び問い合わせ先・応募書類請求先
東京都中央区日本橋2丁目11番2号財団法人太陽生命ひまわり厚生財団
FAX/TEL:03-3272-6268
担当:森田進(事務局次長)
2009.05.04 Mon l 助成金情報 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。